モーツアルトの作品

モーツァルトの作品が好きで、最近よく聴きます。
その中でも、フルート協奏曲のニ長調が好きで、今毎日のように家の中で聴いて楽しんでいます。
モーツァルトの作品は昔から好きでよく聴くのですが、なんというか聴いていてホッとする作品が多くて好きです。
何となく気分が落ち着くんですよね。
ただ、演奏している方の話を聞くと、モーツァルトを演奏するのはとても難しいみたいです。
音色の作り方やフレーズの作り方、あとはアーティキュレーションの表現の仕方が難しいと言っていました。
個人的にはまったくそのあたりのことは分かりませんが、演奏者の方がそれだけ悩みながら作ってくれた演奏だから、自分としては感動するのかなと思いました。
音楽というのは、本当に深いですよね。

旅行へ行こうかな

最近、旅行に行きたくて宿を探しています。
旅行に行く方面は、やっぱり伊豆でしょうか。
伊豆は、昔から好きでよく旅行に行っていました。
昨日楽天トラベルで調べていたら、自分で釣りをして釣れた魚を調理してくれるという宿もあるようですね。
調べてみたら期間限定でしたけれど、そういう宿に泊まってみるのも面白いのかもしれません。
そろそろコロナも落ち着いてきたので、少しずついろんなところに旅行に行ってみたいと思います。

セルフホワイトニングサロンという形態

歯の黄ばみを落とす方法として、ホワイトニングがあります。
最近は、自宅でホワイトニング効果のある歯磨き粉を使ってホワイトニングをする方法もあるようです。
ただ、どうしても通常のホワイトニングに比べると白くなる効果が薄いので、毎日の習慣の中に取り入れて長期間ホワイトニングをしていく必要があると思います。
それ以外の方法としては、最近ではセルフホワイトニングサロンというものが流行っているようです。
ホワイトニングというと、以前は歯科に行ってホワイトニングを行ってもらうという方法が一般的でしたが、最近ではサロンに行って自分でホワイトニングをする「セルフホワイトニング」というやり方をするサロンが増えてきているようです。
インターネットで検索をしてみても、どの地域でも何店舗か見つかるようになってきているので、店舗数や認知度から見てみても、だいぶ一般的になってきているようです。
セルフホワイトニングサロンというのは、こういう形態の店舗です。
浜松市のホワイトニングサロン「シャイニー」
サロンに行って自分で専用のジェルを使ってホワイトニングをするような形になるようですが、歯科に比べると気軽に通えるため、若い女性に人気が高まってきているようです。
たしかに、歯科に行ってホワイトニングをするというと気持ち的な面でハードルが高いですが、「サロン」という形態であれば、特に若い方にとっては気持ちのハードルが低くなるかもしれません。
セルフホワイトニングサロンの場合、内装などもおしゃれなところが多いので、どちらかというとエステサロンに通うような感覚で通えるのかもしれません。
そのため、若い方の中では歯科でのホワイトニングよりも、おしゃれなセルフホワイトニングサロンに通いたいという方は増えているのも納得するところです。
やはり、ホワイトニングというのは、治療というイメージよりも「美容」という「イメージが強いように思います。
そうなると、歯科に美容のために通うのかといわれると、気持ちとして少し違うように思ってしまいます。
やはり、美容のために通うのであれば、サロン形態の店舗に通って、美容だけでなく心のゆとりも一緒に体感したいと思うところなのでしょうね。

スピードを速くする

今、いろいろとやりたいことが増えてきました。
その中でも、読みたい本が増えてきたので、少し本を読む時間を速くしたいと思っています。
以前、スマホのアプリで速読のアプリを入れたので、最近はそれを使って本を速く読むトレーニングをしています。
おかげで、以前に比べると少し本を読むスピードは速くなってきた感じはしています。
今は、宮沢賢治の作品を読んでいきたいので、この後ブックオフにでも行って本を探してこようと思っています。
とにかく、今の自分に必要なものは教養なので、しっかりと本を読んで教養を深めていきたいと思っています。

旅行に行きたいな

とても今の状況では無理ですが、そろそろどこかに旅行にいきたいと思うことが増えました。
以前は箱根あたりによく行っていたのですが、最近はコロナの影響でどこにも行けず。
春休みもゴールデンウィークも、結局自宅で過ごす日々でした。
なので、コロナが収まった時に出かける場所を探すために、最近は楽天トラベルで旅行先を探しています。
旅行に行かないにしても、旅行に行くつもりで探すのは割と楽しかったりします。
もちろん、コロナが収まったらその旅館に泊まりに行くつもりです。
まだいつコロナが収まるのかも分からないし、どの程度の期間で旅行に行ける状態になるのかは分かりませんが、まだ自粛生活は続くでしょうから当面はネットで仮想旅行を楽しもうと思います。

夕方になると風が気持ちいい

今日の昼間は夏のような暑さが続いていましたが、日が落ちてくると少しずつ風が涼しく気持ちよくなってきました。
この季節の風がどこか哀愁が漂っていて、昔の記憶を思い出させてくれるところが好きです。
風を浴びながら田んぼ道を歩いてみましたが、早い田んぼではもう田植えが終わっていました。
例年だと6月上旬に田植えのところが多いのですが、我が家の近所の田んぼは少し田植えが早いかもしれませんね。
田んぼに映る月を見ながら、ほんのりとゆっくりできました。
明日からは少しばかり忙しくなりそうなので、その前にゆったりとした時間が過ごせてよかったかな。

仕事にしろ生活にしろ

誰にでも、今の時代は人に言えない不安と言うものを抱えているのだと思います。仕事にしろ生活にしろ、ここから一体どうなっていくのかどのような暮らしになっていくかと言う事は全く想像がつかないものだと思いますだからこそ、少しでも今の先に希望の光が見えたらいいなと思うわけです。でも、その希望の光と言うのは、自分で作り出さない限りは見えてこないものではないかなと思っています。どのようにして希望の光を見出していくのかそれは人によって様々ではないでしょうか。それでも、少しでも先のことを見据えて行動し考えていくことで、遥か先かもしれませんが希望の光と言うものが小さくても見えてくるのだと思います。今のこの状況を抜け出すには、それ以外に方法は無いと感じています。それであれば、少しでも前に進めるように、明るい光を見いだせるようにしていきたいと思っています。

海の見える公園まで

今日は天気がいいので、海の見える公園まで車で来てみました。ですが、駐車場がすべて封鎖されていたので結局公園には寄れずにそのまま帰ってきたところです。話では、ゴールデンウィーク明けにはもう解除されていると言う話だったのですが、今日になってもまだ閉まっていたのでもう少し長引くんだろうなと思いながら見ていました。コロナの影響でいつまでも日常生活に戻れない不安はありますけれど、そうは言っても少しずつお店が開いてきたり、営業を再開してきたりしているので、少しずつですが日常を取り戻せてきているのかもしれません。それでも、早くライブに行ったりコンサートに行ったりと言う娯楽を取り戻すまでにはまだまだ時間がかかりそうな感じがしています。そして仕事はどうかと言うと、なかなか思うようには言っていません。今のペースで行くとどうなるのかなと言う不安はありますけれどそうは言っても今は耐えるしかない時期なので、この時期にとにかく準備をしっかりとしておこうと思っています。そうすれば、コロナがおさまって実際に動ける状態になったときに、しっかりと仕事として軌道に乗せれるのではないかと思います。

まだ見えぬ景色

今、コロナの影響をかなり受けているせいで、仕事の見通しがまったくわからない状況が続いています。
この状況がいつまで続くのかは分かりませんが、ただ、これを超えると何か違う景色が見えてくる気がしています。
もう少しの辛抱だと思いたいのか、そう自分に思い込ませているだけなのかは分かりませんが、でも、そう思いたい自分がいるのは確かです。
いつか、今の状況を笑って話せる日が来ると信じています。
それまでは、とにかく耐えることしかできないですけれど。

昔の曲を聴いてみる

最近は、コロナの影響で時間ができたので、昔聴いていた曲を聴き直しています。
個人的には、90年代のポップスが好きなので、その時代のものを中心に。
その中でも、特に好きなのはDEENでしょうか。
ちょうど高校生の頃に聴いていたので、何となく自分の青春時代を思い出すのでしょうね。
でも不思議なもので、昔聴いていた曲を聴くと何となくその曲を聴いていた時代の自分に戻っていきます。
そうすると、その曲を聴いていた時のシチュエーションや雰囲気、香りなどが鮮明に頭の中に思い描かれてきます。
音楽というのは、本当に不思議なものですよね。